掃除を楽にする、宙に浮く石鹸

ソープホルダーアイキャッチ 掃除
スポンサーリンク
スポンサーリンク

石鹸の常識

石鹸は置くもの、ソープディッシュ(石鹸置き)が必要だと当たり前のように思っていました。

どこかに石鹸を置くのが当たり前
接地面がドロドロになるのが当たり前
受け皿に水が溜まっては捨てるのが当たり前
お掃除する時は移動させるのが当たり前

でもこんな当たり前がなくなったら気分がいいと思いませんか?
お掃除のハードルが少し下がると思いませんか?

石鹸のストレスを全て解消してくれる「石鹸を置かないソープホルダー」が、私の小さなストレスを解消してくれました。

▼お掃除が楽になる石鹸ホルダーを見てみる

スポンサーリンク

石鹸を使うという選択

初めに、お風呂ではどのようなもので体を洗っていますか?
我が家では固形石鹸です。

石鹸を使うメリット

  • 肌に優しい
  • 洗い残しが少ない
  • 分解速度が早く環境に優しい
  • 包装が簡易でプラゴミが少ない
  • 詰め替えの手間が要らない
  • コスパ最強

石鹸を使うデメリット

アルカリ性が肌に負担な場合もあること
洗浄力が十分でないこともあること

石鹸を使うようになった理由

以前は私も合成洗剤も含まれるボディソープを使用していました。ですが、圧倒的なコスパの良さや、子ども達の体を洗うこと、ボディソープを詰め替える煩わしさから、石鹸を使うようになりました。

石鹸置き場、ソープディッシュの不満

その石鹸は今まで当たり前のようにソープディッシュに置いていました。接地面がドロドロしてきて、無駄に溶けているような、使いにくいような、なんだか小さなストレスがありましたが仕方のないこと、そう思っていました

当然ながら使いやすい場所に置くのでシャワーがかかり、余計ドロドロに拍車がかかるなんてことも。

石鹸を浮かせるソープホルダーで不満が解消

当たり前だった石鹸を置くという行為から解放してくれたのは「ソープホルダー」、
宙に浮かせて下から取って使う驚きの置かないという選択がありました。

ソープホルダーの使い方

購入したのはダルトンのマグネティックソープホルダーです。
メール便で届いたのでまずは簡単な組み立てをします。

組み立てたら吸盤のついたホルダー部分を好きな位置に貼り付けた後、石鹸にギザギザした金属パーツを埋め込み、(グッと押すだけです)ホルダーにピタッとくっつけて終わりです。

使う時はパッと磁石から外し、使用後にまたくっつけます。不思議な爽快感!新鮮な使い方に子ども達も大喜びです。

洗顔フォームから石鹸へ

実は2個買いしていたソープホルダー。もう1個は脱衣所の洗面に置いていた洗顔フォームの使用をやめて、石鹸を使い始めました。

今まであった洗顔フォームがなくなり、洗面台の上はハンドソープのひとつだけになりました。こちらも見た目からすっきりシンプルになり、今まで以上に掃除がしやすくなりました。

新しい石鹸を使うとき

石鹸がどんどん小さくなって最後は金具部分に残ったものだけになりました。どうやって次の石鹸を使い始めたらいいのか分からず、とりあえず石鹸が残ったまままた差し込んで使っていましたが、販売店にも問い合わせてみました。

回答は石鹸が小さくなってきたら予め取り外す、もしくはこのまま使用する、とのことでした。
力を入れればこのまま新しい石鹸につけることもできたので、現在様子を見ながら使用中です。

まとめ

当たり前に使っていたソープディッシュを使うことをやめて、お掃除がしやすくなりました。
石鹸が溶けず、無駄なく使えるようになりました。
ドロドロの不快感がなくなりました。
空間がすっきりしました。

もしあなたがボディーソープを使っているのなら…

ソープディスペンサーが不要になります。
詰め替えの手間から解放されます。
ボディーソープよりも低コストで使えます。
もちろん、ディスペンサーがなくなった分、お掃除も楽になりますね。

今回はソープホルダーに買い替えたことで、お風呂と洗面の2箇所を今までより簡単にお手入れ出来る様になりました。

最後までお読みいただきありがとうございました。
シンプルな暮らしのための毎日のひと家事、ソープホルダーのお話でした。

▼日常のちょっとしたストレスを解消してくれるソープホルダーはこちら。

▼その他デザインのソープホルダーはこちら。

NICO

こんにちは、シンプルに暮らすための毎日のひと家事を紹介するニコブログにようこそ。
このブログでは5歳と2歳を育てる田舎暮らしワーママが、子育てしながらできるちょっと丁寧な暮らしを発信しています。

子どもがいてもお家の中をきれいに保ちたい、少しの掃除できれいを保つライフハック。

ちょっと丁寧で、多くのものを持たない、そんなシンプルな暮らしを目指して毎日家のどこかをきれいにしている私です。

NICOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました