鍋を使った煮洗いで落とす汚れと匂い

暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク

煮洗いとは

煮洗いとは、お鍋やホーロー容器に、汚れたものとクリーナーを入れて火にかける洗い方。その名の通り「煮る」んです。

しっかり汚れを落とし、漂白、消臭、除菌の効果があり、一度始めたらやめられない洗い方。もう煮洗いなしで家のきれいは保てない、というくらい私がここ数年ハマっている清潔で大好きなお洗濯方法です。

煮洗いにおすすめの洗濯物

  • 熱に強い繊維のもの
  • アルカリ性に強いもの(中性洗剤を推奨されている繊維はあまりおすすめしません)

私がよく洗うものの具体例としては、子どものおしぼり、タオル、エプロン、スタイ、台拭き、ふきんなど、食べ物の汚れが付きやすい小物類。色柄物にも使えて安心です。

特に保育園で毎日使うおしぼり関係は濡れたまま持ち帰ってくるので、時には黒い粒々…カビが発生してしまうことも!小まめな煮洗いで対策をしています。

煮洗いで落とせる汚れ

コーヒーなどの飲料、果物、調味料などのシミに効果的です。
お子さんをお持ちの方は子どもが食べこぼし他果物のシミ(特にモモ!)がついて落ちない!なんて経験はありませんか?
薄い茶色いシミが残って洗っても洗っても全然落ちない頑固な汚れです。煮洗いは諦めていたそんなシミにも効果的でした。

スポンサーリンク

煮洗いに必要なもの

必要なものは2つだけ

  • 過炭酸ナトリウム

過炭酸ナトリウムは今やオキシ漬けで大人気の定番クリーナです。多くのオキシクリーナーは過炭酸ナトリウムに酵素や 洗浄補助剤、界面活性剤など、独自の配合で製造されており、様々な種類のものが存在します。

効果は配合によってそれぞれ異なりますが、私は子どもがいても安心して使える過炭酸ナトリウム以外の成分が含まれないナチュラルなものを使用中。熱しても安心でお鍋にも使えます◎(シャボン玉せっけん使用)
ドラッグストアなどでも簡単に手に入るので継続購入が安易なこともポイントです。

煮洗い用の鍋

では煮洗いの鍋ですが、どのようなものを使えばいいのでしょう。

過炭酸ナトリウムはアルミ製のものには使えません。ステンレスやホーロー製のお鍋を使用します。
ホーローの場合、直火にかけることができるのでお鍋でなくても大丈夫、十分な深さのある容器なら、取り扱いに注意しながら煮洗い可能です。

ちなみに、私はお料理用の鍋と併用しています。ほとんどの場合、ホーロー鍋を使いますが、鍋まできれいになって一石二鳥です。気になる方は専用でお使いください。

煮洗いのやり方

まずは煮洗いをする鍋や容器に洗いたいものを入れ、しっかりと浸かるくらい水を張ります。
過炭酸ナトリウムを適量入れます。※1
火にかけたら沸騰直前で止めて、そのまま冷めるまでつけ置きます。
冷めたらよく濯いで干す、または洗濯機へ。※2
※1:使用クリーナーのメーカー推奨では2Lの水に対して10g(大さじ1杯)ですが私は汚れに応じて多めに入れたり臨機応変に調節しています。
※2:衣類によっては長時間のつけ置きが傷みの原因になるので注意が必要です。

煮洗いのやり方1
煮洗いのやり方2

私は濯いだり干したりを手作業でするのが面倒なのでそのまま洗濯機にポイしてしまうことがほとんどで、洗濯前の下洗いのように煮洗いを活用しています。

煮洗いできるクリーナー

今回紹介した煮洗いでは過炭酸ナトリウムを使用しましたが、重曹を使った煮洗いもよく見かけます。

こちらは高温になりすぎると効果が薄れる過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)と異なり”煮込み洗い“が可能です。
ふきんなどを洗ってみたこともありますが、個人的には繊維のお洗濯は過炭酸ナトリウムの方が得意に感じました。

ですが重曹はコンロの五徳のコゲなどに効果的。こちらはしっかりと煮込み、汚れを落とす方法ですので、過炭酸ナトリウムと使い分けながら、上手に洗い物をしたいところです。

まとめ

なぜ”煮る”のか

過炭酸ナトリウムには効果を発揮しやすい温度があります。(メーカーが効果的と推奨するお湯の温度は30〜50℃)ゆっくりと弱火で温めています。
何度も煮洗いをした感触ではもう少し高い温度の方が効果が感じられたので私は沸騰直前まで温めています。衣料の傷みは自己責任になります。

30~50℃程度のお湯での使用をお勧めいたします。温度が高すぎると分解が急激に進み、充分な効果が得られません。また、高温での使用は素材を傷める場合がございますのでご注意ください。
デリケートな繊維のシルクやウールなどには酸素系漂白剤は使用できません。

https://www.shabon.com/shop/products/view/2223

煮洗いの注意

煮洗いをする前にはしっかりと濯ぐことをおすすめします。タンパク質汚れは熱い温度で固まり落ちにくくなってしまいます。せっかく煮洗いしても汚れがついたままでは効果も半減。きれいに濯いだ物、または中性洗剤で洗った物を煮洗いすると効果的です。

においまでさっぱり

汚れやシミがすっきり落ちるだけでなく、消臭効果で匂いまですっきり落ちる煮洗い。
一度始めたらその洗浄力に病みつきになってしまうほどきれいになります。
過炭酸ナトリウム自体が塩素系漂白剤のようなつんとした刺激臭もなく、洗い上がった洗濯物は驚くほど無臭。消臭効果も抜群です。

常に清潔にしておきたいキッチン周りの小物から赤ちゃん、子どものおしぼりまですっきり洗い上げてくれる「煮洗い」、試す価値あり、です。

シンプルに暮らすための毎日のひと家事、煮洗いでした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

その他お掃除に関する記事はこちらから。

世界最大級「無印良品 直江津」へ行ってみました
月経カップで楽になるワンオペ育児のお風呂入れ
面倒な洗濯をやめたキッチンマットとバスマット
2つの家事を楽にする!? 無印良品「壁に付けられる家具・フック」
防水テープの使った掃除の減らし方
NICO

こんにちは、シンプルに暮らすための毎日のひと家事を紹介するニコブログにようこそ。
このブログでは5歳と2歳を育てる田舎暮らしワーママが、子育てしながらできるちょっと丁寧な暮らしを発信しています。

子どもがいてもお家の中をきれいに保ちたい、少しの掃除できれいを保つライフハック。

ちょっと丁寧で、多くのものを持たない、そんなシンプルな暮らしを目指して毎日家のどこかをきれいにしている私です。

NICOをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました