世界最大級「無印良品 直江津」へ行ってみました

世界最大級無印良品直江津のアイキャッチ 無印良品
スポンサーリンク

2020年7月20日、新潟県上越市、直江津ショッピングセンター2階に「無印良品 直江津」がオープンしました。

NICO
NICO

この記事ではオープンしたての世界最大級無印の魅力を無印好きで県内在住の私が実際に訪れてレポートしてみました!

  • ここでしか味わえない「なおえつ食堂」
  • 見なきゃ損する「無印良品 直江津」にしかない見所
  • 直江津で制覇できる無印の特設コーナー

県内に世界最大級の無印良品ができるなんて無印好きの私にとっては夢のようなお話です。全国、または全世界の無印良品ファンにとっても注目度の高い無印良品直江津ですが、移動自粛や感染への懸念で県を跨いだ移動が中々できないのが現状。

そんな方に代わって県民としてじっくり見て回ってきたのでさっそく無印良品 直江津の見所を紹介していきたいと思います。

子連れで訪れたレポートはこちらから。

スポンサーリンク

無印良品 直江津について

無印良品直江津外観

オープンした7月の3連休には入場前の検温待ちで昼まで掛かったというくらい、地元民、近隣から訪れる方の注目度が高い直江津。

そんな注目の直江津店とはどんなところなのでしょう。

無印は、1年ほど直江津に住んで、暮らしを見て「町から学び作り上げた初めてのお店」なのだそう。上越産の杉が使用された店内、雁木通りをイメージしたこだわりの内装にも注目です。

こちらは店内マップ。この広ーいフロアの全部が無印ってすごいですよね。たまらんです。

世界最大級の無印良品

  • 無印直営部分の広さ約5,000㎡
  • 取り扱い商品は約7,000品目
  • 移動式販売店舗あり

無印良品直江津の何が世界最大級なのかというとその広い売り場面積です。国内外にある全1,033店(Café&Meal MUJI など含む)の中で最大級というのだから驚きです。

NICO
NICO

無印って国内外にこんなにたくさんの店舗があるんだね!
その中で世界最大級ってすごい広さ!

詳しい広さは無印良品直営部分だけで約5000平方メートル。ちょっと想像つきませんが、一緒に訪れた子ども達が運動会できちゃうほど広かったです。

取り扱い商品はなんと約7000品目と無印の全商品のほとんどというのだから驚きです。訪れたら買えない商品はまずないといったところでしょうか。

品揃えはもちろんですが、広い店舗を生かした在庫数もかなりのボリューム!有り余る在庫をふんだんに使った各コーナーのディスプレイにも注目です。ここはネット倉庫?と思わず勘違いしちゃうくらい、ワイルドに確保された在庫。
さすがは世界最大級の売り場面積を持て余すことなく使っています。

無印で大人気のシリコーン調理スプーン(私も大好き)もこんなことになっちゃってました。
シリコーン調理スプーンの活用法記事はこちら

NICO
NICO

ふらっと訪れた私がシリコーン調理スプーン1000個くださいって言っても買えそうだね!

普段ネット販売に頼りがちで実物がなかなか見られなかったり、店舗には置いていない大きなアイテムや家具など、手に取って見るには最高の店舗です。置いてない物を探す方が難しい。

また「MUJI to GOプロジェクト」というバスの移動販売式店舗も広い直江津での初めての取組み。

NIKO
NIKO

バスの移動販売式店舗、無印好きとしてはどんなものが販売されているのかラインナップが気になる〜!偶然出会えたらラッキー!絶対覗きたい。

発売当初から大注目で売り切れが続いていた話題のおせんべいなんかも買えちゃうみたいです。

魅力あふれるテナント

広い敷地面積には無印直営の他にも魅力あるテナントが入っています。

  • スターバックスコーヒー
  • カルディー
  • 久世福商店

無印に訪れたついでにこの3店舗に寄れるなんてすごい。疲れたらスタバでひと休み、カルディー、久世福商店で美味しいものや手土産を買って帰る王道コースで立ち寄りたいスポットです。

スポンサーリンク

無印良品 直江津の見所

せっかく足を伸ばして直江津まで来たならここにしかないものに見て、触れて、帰りたいです。『無印良品 直江津』でしか見られない無印はこちら。

まずはここを回れば損はないはず!

なおえつ良品食堂

無印良品 直江津 なおえつ食堂
無印良品 直江津 なおえつ食堂

初めに、なおつ食堂について。ここでは無印良品のカレーをはじめとした多くのメニューが味わえます。中でも地元の食材とコラボした丼や定食はここでしか味わえない美味しさです。

購入方法は発券機でのオーダー。タッチパネル式の券売機で食券を購入する際に、MUJIマイルを溜められるのも無印好きには嬉しい。家族全員の食事代がMUJIマイルになっちゃいます。

NICO
NICO

券売機は私が訪れたときには2箇所しかなく少し並んじゃった!混雑を避けたい人は早めの利用がオススメ!

ホットドッグなどの軽食からラーメン・定食・スープまで幅広いメニューが揃っていて、価格もとってもリーズナブル。300〜800円程度で販売されています。組み合わせて食べるのもおすすめ。

NICO
NICO

大好きなバターチキンカレーが店舗で食べられるなんて魅力〜〜!けど地元の食材たっぷりの和食も気になる。迷っちゃうほどのラインナップ〜。

食事内容は少しボリューム少なめなのでガッツリ食べたい人には少し物足りない気もしました。あまりお腹は空いていないけど…という方も軽食、と割り切って食べるのもありです。

もちろんトレイや食器、お箸も全て無印良品のアイテムを使用。実際に使って使用感を確かめることもできる貴重なチャンスです。

子供用のお皿や椅子の用意もばっちり。メニューも子どもが食べやすいものや、シェアできるものも多くあります。

私は唐揚げ定食を食べました。全体的に量は少なめです。
12時を少し過ぎた時点で売り切れのメニューもあったので要注意。絶対に食べたいものがある人は早めに行くことをオススメします。

食事は別のところで、と考えてる方にはジェラートやスムージといったスイーツもありました。お買い物の休憩や、なおえつ食堂をちょっとだけ味わいたい時は、これもいい!

今回は食べられなかった他のメニューもとっても美味しそうです。

なおえつ良品市場

無印良品 直江津 なおえつ良品市場
無印良品 直江津 なおえつ市場

地元の生産者の新鮮な野菜が直送されているこの市場。直江津の美味しい野菜や食品(発酵食品や、乾物、米、地酒類)が販売されるコーナーです。

どの野菜もつやつやでみずみずしさが伝わるとっても美味しそうなものが並んでいました。米どころは野菜もおいしいんです。

遠出をするとついつい道の駅に立ち寄って地域の特産品などを買って帰ってしまう私には、かなり嬉しいコーナーです。帰宅後のお楽しみとして選び甲斐があります。

売り場の中央にはちょっとした小上がりもあり、雰囲気も楽しめます。

陽の家

無印の家に憧れているという人も多いのではないでしょうか。私もその1人です。

「木の家」「窓の家」「縦の家」「陽の家」と4つのコンセプトのうち、この地にピッタリの『陽の家』のショールームが売り場にボーンッと丸ごと入っています。さすが世界最大級。

売り場内で開放感ある平家が体感できて思わずくつろぎたくなってしまうリラックス空間。モデルハウスのように木の香りが漂ってくるスペース。これをお店で体感できるのは今のところこの直江津だけです。

ショールーム内の展示では、キッチン・バスルーム・リビング・寝室の住居スペースが凝縮されて、そのあちこちに無印家電・収納・食器などが配置されていました。プロがコーディネートした無印雑貨のリアルな使用感を見ることができます。

収納を無印で揃えたいけどどのように使ったらいいのかわからない、という悩みもショールームで解決できそうです。

MUJI CAMP TOOLS

無印良品 直江津 MUJICAMPTOOLS
無印良品 直江津 MUJICAMPTOOLS

同じ新潟県内にキャンプ場を構える無印良品。自然豊かな上越市の真ん中で一年を通してアウトドアを楽しめるグッズの提案・販売あり。キャンプグッズを見ているとなんだかわくわくしちゃいますよね。アウトドアグッズの購入を検討している人はここも一度覗いて損はないはずです。

無印良品 直江津 MUJICAMPTOOLS

もしもに備える防災グッズのコーナーもありました。キャンプコーナーとしての充実度がハンパないです。キャンプ用品を揃えながら防災準備ができるという流れ作りがとっても楽しいです。

「キャンプ用品があれば災害時にも心強い」を口実についついいろいろな物を揃えたくなってしまいます。
キャンプ好きは予算多めで来店されることを強くオススメします笑

MUJI BOOK

無印良品 直江津 MUJI BOOKS

全国に数カ所あるMUJI BOOKですが、中でも最大の冊数を扱うここ無印良品直江津では、さらに食に力を入れた、食関係の書籍を中心に揃えてあります。

また親子で楽しめるようにと、絵本の品揃えはこれまたMUJI BOOKS最大級!まだ出会ったことのない一冊がMUJI BOOKSで見つかるかも!?

無印良品 直江津 MUJIBOOKS

本の売り場はMUJI BOOKS コーナーのみならず、キッズコーナーである「木育広場」の隣にもおもちゃなどと一緒に並んでいました。無印良品の選んだ絵本に私は興味津々、本屋に行くだけでは見逃しがちな初めて見る絵本も多数見られました。

うちの子が好きな本がわんさか並んでいてここだけでもあっという間に時間が過ぎてしまいます。

身長約80cmのうちの子でも手にとって見ることができる、背の低い売り場になっていました。親子で一緒に絵本を選ぶ楽しいひとときが無印で体験できるとは思いませんでした。

息子はお風呂に貼るポスターが気になり何度も手にとっていました♪

木育広場

無印呂品 直江津 木育広場

木の温もりが感じられる遊具が揃った遊び場『木育広場』です。 木育広場は、東京おもちゃ美術館の監修でデザインされているスペース。

幼児から低学年が対象。かわいくてナチュラルな遊具のデザインに親子揃って胸が高まりましたが、残念ながら感染防止のため、休止中。(2020年8月現在)
子ども達がここで遊ぶ日をスタッフさん達も心待ちにしているのではないでしょうか。


人をダメにするソファーの小ちゃいサンプルがおもちゃとして置かれていて、触れたくて仕方なかったので残念!

元気に遊びまわる子ども達の姿が楽しみです。木育広場が賑わう頃にはもっとお買い物もゆっくりできそうですね。

open MUJI

無印良品 直江津 オープンMUJI

この空間は普段は休憩や学習に利用できるフリースペースとして使えます。
また地元を拠点に活躍するクリエーターの展示会やスタッフによるワークショップなどのイベントも開催予定とのことで、ここも直江津ならではの空間として今後も成長していくのが楽しみです。立ち寄るたびに新しいものが見られそうな空間です。

ちなみに私が訪れたときには写真左側のスペースで絵葉書店を開催していました。

大型店特設コーナーが凝縮された直江津店

無印良品 直江津 香り工房

全国でも主要都市や大型店、限られた店舗でしか見られない特設コーナーも直江津を訪れるだけで網羅!ここだけでたっぷりと堪能できます。

香りをブレンドしてもらえる「香り工房」

香りに引き寄せられて立ち寄ったこのコーナー。新潟では初の香り工房です。

アロマ好きなら絶対寄るべきスポット。アロマセラピストがその場で調合してくれる夢のような場所です。残念ながら私が立ち寄った際には休憩中でした。そんな場合もあるので、気になる方は訪れたら一番最初に立ち寄ってスタッフの不在を確認してみるといいかも。
お渡しにも少し時間がかかるようです。(20〜30分とありました)

布製品に刺繍を入れてもらえる「刺繍工房」

無印良品 直江津 刺繍工房

新潟では刺繍が入れられる店舗はやっぱりここだけ。私も初めて刺繍工房に出会えました。

自分用はもちろん、プレゼント用にもオリジナリティーが出せる刺繍。訪れた日にはお渡しまで2週間とありました。
受け取りまで時間がかかってしまう刺繍ですが、残念ながら発送には対応していないとのことでしたので、近くにお住まいの方が羨ましいかぎりです。

料金などについては無印良品公式ページに記載がありました。一箇所約500円〜とリーズナブルところも魅力ですね。

暮らしのスタイルを提案してくれるIDEE

ネットでしかIDEEの商品を見たことがなかったので、直江津で初めて触れることができました。オリジナル家具から雑貨やアート、アパレルまで、どれもおうちに持ち帰りたくなる素敵なものばかり。

居心地の良い空間にうっとりしてちょっとソファーに座ってくつろいでしまいました。

無印良品 直江津へのアクセス

直江津は新潟県上越市にあります。もう長野県や群馬県もすぐそこの場所にあります。海がすぐ近く、かつては日本海十大港とも呼ばれていたここ直江津。

直江津までのアクセスはこちら。上越ICから降りてすぐの好立地。

無印良品 直江津へのアクセス

住所:〒9420004
新潟県上越市西本町3-8-8 直江津ショッピングセンター2F
営業時間:10:00〜20:00

電車:えちごトキめき鉄道_直江津駅より徒歩10分
バス:直江津ショッピングセンター前バス停下車すぐ
車:北陸自動車道 上越I.Cより約10分(専用Pあり)

無印良品 直江津の駐車場について

駐車場は正面入口前と、裏側に入口のある立体駐車場の2箇所。正面側は台数が多くないので初めから諦めて裏に回るのがベターです。

ただ一階は地元民も御用達のスーパーなどが入っているため、停められない時は少しグルグルしているうちに空く可能性も大。私たちが訪れた時も、立駐に回る前に1〜2台はすぐに動きが見られました。

無印良品 直江津へ行くべき

世界最大級と、とにかく広い売り場面積の無印良品 直江津。住まい・衣類・食まで倉庫並みの品揃えがとにかくすごい。無印好きでもそうじゃなくても何かが見つかるようなわくわくする場所でした。

だけど広いだけじゃない、直江津をじっくり見てきた無印だからこそ「暮らしの真ん中」として直江津の魅力を店内のあちこちに散りばめたここにしかない無印良品が確かにありました。

冬は雪深く、春夏は米作り、歴史ある直江津の町並みの中、遠方から訪れる価値のある、クオリティーも世界最大級の無印良品。ぜひ一度、立ち寄ってみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\子連れで訪れる無印良品 直江津と近隣スポットについては近日公開予定/

混雑を避けるために入場制限などの規制が設けられている場合もあります。訪れる前に店舗にご確認ください。

その他無印良品の関連記事はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました