無印良品のシリコーン調理スプーンで作る量産ハンバーグ

無印良品シリコーン調理スプーンアイキャッチ 無印良品
スポンサーリンク

無印良品の大人気商品といえば、真っ先にこれが浮かぶ人も多いのではないでしょうか。シリコーン調理スプーン。お値段も590円とお手頃です。

今回はこのシリコーン調理スプーンを使ってハンバーグを量産する活用方法をご紹介。

初めに無印良品シリコーン調理スプーンとはどんなものなのでしょうか。その仕様や詳細について触れてみます。

スポンサーリンク

無印良品シリコーン調理スプーンとは

そんなもの初めて聞いた、という方のために、シリコーン調理スプーンについての説明です。

仕様

本体:シリコーンゴム(耐熱温度250度)
芯材:ステンレス鋼、ナイロン(耐熱温度180度)
食洗機:使用可
重量:約100g
長さ:26cm

詳細

耐熱温度が高いシリコーン素材を使用。
調理〜盛り付けまで大活躍してくれる調理用スプーン。取り分けにも便利な程よいくぼみを持たせたスプーンタイプの調理器具、キッチンツールです。

無印良品のキッチンアイテムとして大変な人気商品です。テレビや雑誌、SNSとあらゆるメディアでも露出の多い神アイテムないでしょうか。

スポンサーリンク

調理スプーンでハンバーグを量産する

我が家では上記の用途意外にハンバーグを作るときに大活躍しているシリコーン調理スプーン。その活用法はこちらです。

材料を混ぜる・潰す

シリコーン調理スプーンで混ぜる

下からすくってひっくり返して混ぜる。調理スプーンの背で押しつぶす。手を使わなくてもある程度までこの作業ができるのがとても便利です。

ハンバーグの成形

シリコーン調理スプーンで成形

調理スプーンのくぼみはハンバーグの為に作られたのでは?と思うほどちょうどいい形と深さ。ボウルからタネをすくって左手で覆うように形を整えれば程よい形が出来上がります。(左手にはビニール袋を装着、生肉が苦手な私は徹底して手を汚さない対策をしています)

これだけで一人分の大きさにちょうどいいハンバーグがスピーディーに量産できました。

豆腐ハンバーグのレシピ

もちろん普通のハンバーグにも使える活用方法ですが、今回は我が家の子ども達の大好きな『豆腐ハンバーグ』のレシピを合わせて紹介していきます。

豆腐ハンバーグの材料

豆腐ハンバーグの材料はこちらです。

  • 鶏ひき肉(ムネでもモモでも可)300g〜400g
  • 絹とうふ半丁
  • 好みの野菜のみじん切り
  • ひじきお好みで
  • 卵1個
  • 塩こしょう適量
  • しょうゆ(ひと回し)

豆腐ハンバーグの作り方

1.野菜を細かく刻んだら材料を全てボウルに入れます。シリコーン調理スプーンでよく混ぜたあと、スプーンの背で練るように押し潰す。(混ぜる・潰す活用)
※写真の材料は、人参・ゴボウ・玉ねぎ・しめじが入っています。

2.スプーンに乗せながら成形し、油を敷いたフライパンの上に落としていきます。(成形活用)

3.並べ終えたら蓋をしながら両面を焼いて完成です。
※通常のハンバーグよりもタネが柔らかめなのでひっくり返す前にしっかりと火を通すと崩れにくくなります。

\8秒でみじん切りができるフードプロセッサーはこちら/


元々、生肉を素手でさわることが苦手な私にとってハンバーグはちょっと避けたいメニューでもありました。ですが調理スプーンを使うことによって気軽に作れるメニューのひとつになりました。

野菜をたっぷり入れれば栄養面でも安心、副菜なしの一品としても出せる豆腐ハンバーグは我が家で人気のひと品。あんかけや味ポンで食べています。

普段は苦手な野菜やきのこでも細かく刻んで入れることで全く気づかずに食べてくれるので、親としても嬉しい限りです。
混ぜる・潰す・成形』を代わってもらうことで手を汚さずに簡単で素早くハンバーグが量産できる無印良品シリコーン調理スプーン、今後もリピ買いの一択です。

シンプルに暮らすための毎日のひと家事、人気の調理スプーンを使ったハンバーグの量産活用法でした。
最後までお読みいただきありがとうございました。

その他、無印良品の記事はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました