誰も教えてくれなかった|寝る前に読みきかせてはいけない絵本5選

寝る前に読み聞かせてはいけない絵本アイキャッチ 教育
スポンサーリンク

初めに、これから紹介する絵本を寝る前に読むことは決してお勧めしません。

なぜなら、絵本を読むことによって興奮した子どもがなかなか眠りについてくれなくなる、入眠前の絵本には全く向かない絵本だからです。

\この記事をおすすめしない方/

  • 子どもに寝る前の一冊を選びたい方
  • 寝る前に絵本を読んでゆったり過ごしたい方
  • 落ち着いた気分で眠りに着かせたい方

今から紹介する絵本を寝る前に読んではいけません。

だけど「いつもの絵本じゃ物足りない」「刺激のある絵本を求めていた」そんなあなたにはピッタリの5冊です。紹介する5冊の絵本どれを手に取っていただいてもお子様は大喜びで興奮してもう一回読んでの嵐となることをお約束します。

それでは眠れなくなる本を紹介する前に『寝る前に絵本を読む効果』から触れてみたいと思います。

>>>試し読みはこちらから

スポンサーリンク

寝る前に絵本を読みきかせる効果

寝る前に絵本を読む効果は親子の双方にあります。

子ども…親とのスキンシップやコミュニケーションを取れるふれあい、親は心が安定し幸福度を感じやすいという効果に期待ができます。

一般的には寝る前に絵本を読み聞かせることで、睡眠の土台を作る・入眠前の儀式として落ち着かせるため、など生活リズムとして取り入れている方が多い寝る前の読み聞かせ。

その為、寝る前には『心を落ち着かせる効果のある絵本』が必要です。

NICO
NICO

我が家でも寝る前に絵本を読む=おやすみ前のワンアクションとしての効果を期待して読み聞かせをしているよ。

つまりこれから紹介する5冊は、その真逆。寝る前に落ち着かせたい目的で読むには効果がなさすぎる絵本です。

これから紹介する5冊は、寝る前にはとても読み聞かせられない、我が家の子ども達の超お気に入り絵本です。「もう一回!!!」何度その言葉を聞いたかわからない恐ろしい絵本です。

寝る前に読み聞かせる効果には全く期待できませんが、眠れなくなるくらいもう一回コールが止まない絵本5冊が知りたいという方は、どうぞ先に進んでくださいね。

スポンサーリンク

寝る前に読みきかせてはいけない絵本5冊

寝る前に読みきかせてはいけない絵本5冊は、子どもが大喜びして全然寝れなくしまう「体験型の絵本」です。

体験型の絵本とは、触る・押す・振る・傾けるなどのアクションを取り入れながら、時にお話の主人公になりきって楽しめてしまう寝る前に読むには危険すぎる内容の絵本です。

もちろん大興奮で寝れなくなってしまうなんてことは当たり前。時に大笑いで汗びっしょりになってしまいますのでくれぐれもご注意ください。

そんな注意が必要な絵本5冊はこちらです。

ぜったいにおしちゃダメ?

「ぜったいにおしちゃダメ?」この本を見た瞬間、吸い込まれるように手に取ってしまいました。だってこんなボタンが表紙に書いてあったら大人でも立ち止まってしまいます。

この本では登場するキャラクターがとにかく面白い。押してはダメだと言いつつボタンを押すようにそそのかして誘惑してくるストーリー。
子どもの好奇心を刺激して何度も読みたくなってしまう終わりなきリピート絵本です。

キャラクターになり切って読み聞かせるとさらに大盛り上がりしてしまう「ぜったいにおしちゃダメ?」もちろんうちの子達も例に漏れず睡魔を吹き飛ばす大興奮の大笑い。

寝れなくなる危険度…★★★★

ぜったいにおしちゃダメ?はこちら

こねてのばして

「こねてのばして」は人気の絵本作家ヨシタケシンスケさんの絵本。

この絵本は、読み手によって様々な楽しみ方ができる最強参加型の絵本です。

うちの子達に大人気なのは「子ども」を絵本のようにこねたりのばしたりつついたりスキンシップをとりながらの読みきかせです。楽しすぎて眠れなくなる定番の一冊です。

一番最後のページのオチを知っている子ども達は、まだかまだかとドキドキしているのが手に取るように分かる一冊。後半に向けて盛り上がる一番危険なタイプです。

もちろん大興奮間違いなしで5冊の中で最も注意が必要な絵本です。

寝れなくなる危険度…★★★★★

こねてのばしてはこちら

へんなかお

「へんなかお」はこどもの表情をゆたかにする“魔法の絵本”と出版社からの紹介される絵本です。

ページをめくるたびに変な顔を真似しながらお互いの顔を見ながら大爆笑してしまう。

最後のページには「しかけ」もついていて、低年齢から楽しめて眠れなくなる一冊です。この本も油断できません。笑いすぎで時にベッドに子どもがヨダレを垂らしてしまう危険性もある侮れない絵本です。

寝れなくなる危険度…★★★

へんなかおはこちら

まるまるまるのほん

「まるまるまるのほん」はフランス発のポップな絵本で、これまた読み手を巻き込む参加型の内容。そのまるをクリックしてごらん?そんなこと言われたら大人でも次のページをめくるのがワクワクしてしまう危険な絵本です。

しかもわりと長い。これがもう一回ときたらもう何時に寝れるか分からない、寝る前に読むには危険すぎる一冊。もちろんうちの子達もそろって「もう一回!」です。

寝れなくなる危険度…★★★★

まるまるまるのほんはこちら

しろくまのパンツ

パンツを履いている絵本がかつて存在したでしょうか。

「しろくまのパンツ」を読むには、まずしろくまのパンツを脱がせないといけません。「パンツ」そのワードだけで子どもが喜ぶのは何故なのでしょうか。

この絵本はページに穴の開いたしかけ絵本でしろくま君がなくしてしまったパンツをネズミ君が一生懸命探してくれるというストーリー。

まさかのオチに読み手の親も「え〜〜〜〜!?」と大笑い!

散りばめられた楽しいしかけとアイディアに、子どもも大人も楽しく読めてしまうこちらの絵本も寝る前に読むには注意すべきです。

寝れなくなる危険度…★★

しろくまのパンツはこちら

寝る前に読みきかせてはいけない絵本まとめ

寝る前に読み聞かせてはいけない絵本5冊、いかがでしたでしょうか。

どの本もいかに楽しませようかと工夫が凝らされて、子どもの心をガッチリキャッチ。一度読んだだけでは眠れない、寝る前に読んではいけない魔の5冊となっています。くれぐれもご注意ください。

落ち着いて眠らせたい時には決して読みきかせてはいけない絵本です。

ただしこんな方にだけは、どれを選んでいただいてもも高価ななおもちゃが必要ないほど盛り上がる絵本となっています。

  • 眠気を気にせず日中盛り上がれる絵本を探している
  • いつも読む絵本の反応があまり良くなく違う絵本を試してみたい

>>>紹介した絵本はこちらから試し読みいただけます。

最後にもう一度だけいいますが、この記事で紹介した絵本を『寝る前に読みきかせる』ことは、どうかご注意くださいね。

どれも我が家の2人の子ども達が大好きな絵本で、高確率で読んでと持ってくる絵本です。寝る前にこれらの絵本を選んでしまった時は…諦めて子どもと一緒に思いっきり楽しみながら読むことをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございました。絵本で素敵な親子のスキンシップをとってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました